2007年6月 9日 (土)

アニメーション2年生のみんなへ

0dsc09048アニメーションAクラスのみなさんへ
久しぶりに試写会の招待の伝達ですよ。
6月30日からロードショーされる、『シュレック3』の試写会の券。希望者に差し上げます。

字幕版なので
藤原紀香や濱ちゃん、山寺宏一の吹き替えじゃないですが、キャメロン・ディアスやマイク・マイヤーズのリップシンクロで鑑賞できます。

ひと足先に見てきました
楽しい!
クライマックスで、戦うお姫様軍団「フィオナのプリンセス5」が、ばかばかしく大活躍します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

ピンチクリフグランプリ

まだ
大阪デザイナー学院在学中で、世界のいろいろなアニメーションの存在について学んでる時期に出会った、ノルウェーの人形アニメーション作品。

1978年に
見たわけだから、まだ、専門学校1年生だった時。29年前だ。

Gストーリーがどんなんだったかは、記憶がさだかでない。
チラシの解説を読んで、そうだったそうだったと、やっと思い出す始末。

だけど
鮮明に覚えているのは、きめの細かい動き。
人形アニメーションの素晴らしさを、強烈に感じさせてくれた。

それまで、人形といったら、NHK教育番組で放映されていた、躁演人形劇を見たぐらいの認識。上等な作品は、サンダーバードやキャプテンスカーレットといったものぐらいか。
(トッポジージョや、新八犬伝なんていうのもあった)

『ピンチクリフグランプリ』
とりあえず驚かされたのは、そういった操り人形よりも、もっともっと生き生きと動いていた。
最高に感動したのは
芝生のようなところで、イル・テンポ・ギガンテ号が走り去った後、タイヤ痕がちゃんと残っていて、しばらくしてから、草の1本1本が
ピンッ、ピンッと、立ち上がってくる。
まるで、生きている草のように。

そんな、細かいところの描写。
今でも覚えています。

学生諸君
見に行かなアカンよ、これは。

http://www.pinchcliffe.com/

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

V-hクラスの皆さんへ

本日 深夜26時10分より
ABCテレビ(6ch)で、ジョニー・デップ主演  ティム・バートン監督 『シザーハンズ』(1990年アメリカ)が放映されます。
1年生の皆さんは、見てください。録画してでも見といてください。
2年生になってから勉強する、『映像と色彩』の予習になります。
有彩色と無彩色を使った演出は絶妙です。

その前に
21時03分から読売テレビで『たそがれ清兵衛』もあります。
真面目に作っている映画なので、こちらもどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月30日 (木)

空調の調節について

設備の野村さんから0dsc07231
アドバイスをいただきました。
この前から、暖房が入り始めていますが、壁の調節つまみの『弱・中・強』は、温度の強さじゃないんだそうです。
知ってたあ?
吹き出して来る、空調の風の強さなので、『強』にしたからといって、暖かくなるというわけではないんです。
もちろん
暖まった空気が吹き出してくるわけだから、ドライヤー感覚は堪能できるでしょうが、節電のことを考えると、よろしくないですね。
皆さん、節電に協力しましょう。

午後、館内の空気が暖まってくると、『』っていても、結構暑いくらいです。
校舎の外と、教室内と、温度差が以上に違ってしまって、体調を崩す人が出てきます。
着ているもので調節できるよう工夫してください。

同じ温度でも、人によって感じ方が全然違ったりしますね
一つの教室の中で、半袖Tシャツの男子と、マフラー首に巻いて上着も着て授業を受けている、なんて光景にも出会します。

みんなで声かけあって、上手いこと冬をきり抜けましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

『ミラーマスク』写真ギャラリー展情報

こちらも大阪ヨーロッパ映画祭
の、関連イベントの案内です。海外コミックマニアにはすでに注目されている、デイブ・マッキーン監督、ニール・ゲイマン脚本によるダークファンタジー映画『ミラーマスク』の写真ギャラリーが、大阪デザイナー専門学校から歩いて5分の堂島アバンザ1階エントランスで公開中。アニメ、CG大好きな人は、見に行きましょう!

サイトによる『ミラーマスク』の情報は
ソニーピクチャーズ(ロサンゼルス)のHPで紹介されています。こちらです。
http://www.sonypictures.com/homevideo/mirrormask/
もちろん英語表記です。バナーの〔ENTER THE SITE〕をクリック。〔PHOTOS(写真)〕をクリックすれば、映画の美しい画面のいくつかを見ることができるよ。

ご覧のとおり、アメリカでは、先月、すでに上映がされています。

物語は、移動サーカスを営む家庭に生まれた女の子ヘレナが、その「環境」から普通の世界への脱出を望んでいた。皮肉にも、望みどおりになった彼女は、夢の中で幻想の世界へ迷い込むとあります。
画面は、CGとアニメーションに実写を織り込んで作られた、幻想的でグロテスクで美しい現代のおとぎ話。

アバンザの写真ギャラリーを見ると、宮崎駿に影響を受けたの?」っていうような1枚もあったりして、楽しい。
Dsc07099 Dsc07098

大阪ヨーロッパ映画祭内のサイトでは
簡単に、動画が見られるよ。

http://www.oeff.jp/database/432_Mirrormask.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

『ピクサー展』のお知らせ

ゲド戦記の試写会のときに
六本木ヒルズ内のギャラリーで行われていた展覧会が、やっと大阪にも巡回してきました。
0dsc06975
いいなあ、東京は
こういった展覧会や上映会といったイベントがしょっちゅう行われて、と、足早に横目で羨ましそうに見ながらTOHOへ向かったのを思い出しました。
PIXAR(ピクサー)は
トイストーリーを始め、モンスターズインク、ファインディングニモ、カーズで、おなじみのCGアニメーションスタジオ。(これらの作品は、Disneyの作品ではない! PIXARの作品だ!)
個人的には『LUXO JR』と、『Mr.インクレディブル』が大好きだ。

先日も
授業・アニメワークで教材としてとりあげた。
CGの会社なのだが、アナログの考え方やテクニックをとても大切にした作り方をしている。TOPのジョン・ラセターが素晴しいのだ。

この展覧会
きっと、手描きのスケッチやデッサンを山ほど見せてくれるはずだと思います。

日程:12月2日(土)から2007年1月14日(日)まで
会場:兵庫県立美術館の、ギャラリー棟の3階ギャラリーですよ
専門学校生は当日800円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

「王と鳥」大阪情報

ジブリの荒井さんからメールがありました。
「王と鳥」の大阪での上映の日程と劇場が確定したようです。
以下のとおりです。

大阪でも公開
 「王と鳥」が大阪でも、1週間限定で上映される
 ことが決まりました。
 
 ・作品名: 「王と鳥」 
 ・劇場名: 梅田ガーデンシネマ
 ・公開日: 8月26日(土)〜9月2(日)

荒井さん、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

1000000人のキャンドルナイト・続報

動画つきで見ていただけます。
思い出して、ほんわか したい方はどうぞ。
http://www.odc.ac.jp/news/060627/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

ブレイブ・ストーリー試写会チケット入手

00001_9アニメーション学科
V-gクラス、2AN-Aクラスの皆さんに
突然ですがいい話し!
フジテレビ、GONZO、ワーナーブラザース共同制作のアニメーション『ブレイブストーリー』の試写会招待状を、う〜んと古い卒業生からいただきました。ところが、試写会は本日なんです。
18時から肥後橋のリサイタルホールで。
招待状10枚あります。
早い者勝ちです。
お知らせしている、わたしの学校メールに、「欲しい!」をください。必ず名前をお知らせしてくださいね。

作品についての詳細はこちら。
http://www.bravestory.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

門田監督来校の特報!

昨年、講演で来校してくださった東映アニメーション演出の門田英彦監督。私用で現在帰阪中。
来週月曜日午後、学校に立ち寄ってくださいます。
門田さんと会ってお話したい人、声掛けてください。
門田さんは現在「デジモン」の絵コンテ描いてるそうです。次回放送分のナマのコンテの作成風景を見せてもらえますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)