« CASO当番 | トップページ | あっ! 朝青龍 »

2008年3月 1日 (土)

伊牟田先生、帰阪。

伊牟田修平先生
無事、大阪に戻って来られたようです。
伊牟田先生の上京は、いろんなところに波紋を広げたようでした。
あの先生、けっこう喋りなので、行った先々で、正直話しを公開しまくったようですね。
卒業生経由で、
今回の東京訪問の真実を知ったりして、なかなかエキサイティングでした。

当初の日程よりも
永く滞在されたということは、思った以上に版画が売れたんでしょう。
迷惑な話にならず、
みんな好意に買ってくれた話しを聞くと、
良かったお疲れさまでしたという感じです。

すれ違いや
時間の都合などで、会うつもりにしていた人たち全員に会えたわけでもなさそうで、期待していたのに肩すかしを食らってしまった卒業生の皆様、ご迷惑をおかけしました…
なんて、
何で、そんな保護者みたいな言い方になってしまうんだろう。

さっき
他人の携帯電話を使ってかけて来られた伊牟田先生から、楽しそうな話しを一杯聞きました。

懐かしい
人たちに会えたこと。
古い仕事仲間、アニメーション学科の卒業生たち…
行って良かったって、感動していました。

卒業生森本晃司監督を
訪ねて、4℃に行って、田中栄子さんに会って、持っていった版画のイメージが気に入られて、今度、アニメーションのイメージで使ってもらえるかもなんて、凄い話しじゃないですか。
教え子監督で、世界の4℃アニメーション作品に、イメージ原案「伊牟田修平」なんて、クレジットに名前が載るかもしれないんです。

伊牟田先生って虫プロ時代
に「鉄腕アトム」や「悟空の大冒険」の美術で大活躍していながら、「前に出るの嫌やから、名前出さんといて」なんて仕事の仕方してました。
でも、最近話しを聞くと、
「娘や孫へ自慢話出来るように、名前入れておいてもらえば良かったなあ」なんて
ぽつり、おっしゃいます。

今回、4℃の話しが
実現するなら、ぜひ、名前を出してもらってください。

そうすれば
もっともっと、版画が高い値段で売れますよ!

今回
伊牟田先生に、感謝しなければならないことは、
先生のおかげで、多くの卒業生から連絡もらえ、行方知らずになっていた卒業生の居所が分かったり、早速メールをもらったりというのがあったのです。

3期生の大竹紀子さんや、「とど」の辻美也子さん…

うれしい
波及効果だったわけです。

伊牟田先生ありがとうございます

|

« CASO当番 | トップページ | あっ! 朝青龍 »

コメント

無事帰られましたか。それは良かった。
我々卒業生も、伊矛田先生出没情報を交換し合って、普段連絡とれない先輩後輩が久々に交流を持てました。
予測の出来ない台風のような人ですが、やはり人と人を繋ぐ力を持っているんですね。
僕も楽しかったです。

投稿: にいや | 2008年3月 2日 (日) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79954/10877154

この記事へのトラックバック一覧です: 伊牟田先生、帰阪。:

« CASO当番 | トップページ | あっ! 朝青龍 »