2007年11月 6日 (火)

背景とキャラクターデッサン

背景パース
の学習を続けて行ってきましたが、本日はちょっと切り口を変えてみました

背景となる
写真のコピーを配布。
そこに、キャラクターをはめで描いてみる。

視点の確認ということは
イコール水平の位置の確認をするということです。
Img_1468 Img_1469

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 5日 (月)

11月に入ってからの内定者報告

あれから1ヶ月
月、あらたまって、東京のアニメーション会社への就職内定者、さらに増えました。

今回は
アニメーション制作会社「feel.」に、作画と制作進行で各1名ずつ。
Wish」に、仕上げで1名。
合計3名採用決定です。

これで
アニメーション学科から、アニメーション業界には、作画・背景・仕上げ・制作進行と、主だったひととおりの部署にスタッフを送り込むことができました。

例によって
就職内定者の歓びの表情です。
030img_14620img_14600img_1458

内定者の皆さん
おめでとうございます。
憧れの会社に就職できた人は、とっても幸せそうな顔をしていました。

feel.」は
代表作品にはTVシリーズで『D.C. 〜ダ・カーポ〜 (制作元請:ゼクシズ、制作協力、2003年)』『ジンキ・エクステンド (2005年)』『乙女はお姉さまに恋してる (2006年)』『ながされて藍蘭島 (2007年)』
OVA作品では『ストレイト・ジャケット (2007年)』
大阪デザイナー専門学校からも多数の卒業生が所属している。

Wish」は
TVシリーズでは『名探偵コナン』『コードギアス』『おおきく振りかぶって』『ガンダム00
劇場用アニメーションでは『劇場版 エヴァンゲリオン』『ポケモン2007 ディアルガVSパルキアVSダークライ』『ケロロ軍曹 深海のプリンセス』等を手掛けている、作画と仕上げを専門に行っている国内大手のスタジオ。
前身は「サンライズ」から独立した仕上げスタジオ「エムアイ」。
http://wish-hp.ddo.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

透視図法番外編(3)

番外編の最終回
水平のパノラマをにしてみました。
人間の眼って、左右横に並んでいるので、水平の眺めは比較的簡単に見ることができます。
映画のフレームが横長なのも、道理に適ったことなのです。
それを、
今回はに変えてスケッチしました。
下から上へ、仰ぐように風景をみて描きました。

三点透視図法
のように、単に見上げた見下ろしただけのアングルではありません。
0

ペンでのスケッチ
も、回を重ねるごとにサマになってきました。
自信をもって線を引けるようになってきました。

でも…

0img_1356

ビルのてっぺんの
角度が、全体的にアマいです。
もっと、下から見上げた感じが必要ですね。
0img_1357

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

透視図法番外編(2)

横長の画面に
描いてみました。
そうすれば、正面の視野だけでなく、右の遠く、左の遠くも描かなければなりません。
おのずと、パノラミックなスケッチが出来上がります。
0302
          
          
1枚の画面に
構図よくまとめるのには、けっこうテクニックが必要ですが、この2週間、トレーニングをつんできたので、生徒諸君、かなり頑張って制作できましたよ。
本日は、鉛筆ではなく、ペンを使って、下書きなしで、いきなり描いてもらいました。

消すという
行為ができないので、どんどん描き進めることができました。
0102_2

01_202_301_302_4

時間内で画面を
埋めることのできなかった学生もいましたが、そのかわり、丁寧な線で、しっかりと描写してくれています。
03_2
   
注文のとおり
画面3つ分のイメージで描いてくれた作品。
02_5
          
最後は
01_4全員で合評会です。
  
来週は
ちょっと難しいですよ。
縦のパノラミックに挑戦してもらう予定。
下から上を、あおったような感じで描くことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

IMAGICAウェスト見学(カメラワーク)

制作をむかえた2年生
Img_1243が、グループ制作で関わりを持つことになる現像所「IMAGICA(イマジカ)ウェスト」に見学に行ってきました。

アニメーション制作
に、直接関係しているフィルム部問だけでなく、映像仕上げにかかわる編集(ノンリニア)・合成・録音関係の部門の見学も行いました。
Img_1229Img_1230

Img_1238一部
企業情報等の理由でで見学できない部分もありましたが、親切に案内してもらいました。

編集中のImg_1239
映像を見せてもらったり、映像の傷やホコリを修正しているところを見せてもらったり…
残念ながら制作中の「必殺!シリーズ」の作業の様子は見れませんでしたが、アニメーションの編集のつなぎの修正は感動! ネガフィルムののりしろがきれいに消去されていくのです。
Img_1240

凄い設備を
いろいろ見せてもらって、なんだってできるんだという気になってしまいそうですが、
忘れないでください!
我々はアニメーション、自分たちで描いて作って表現することが基本。
これらの設備はあくまでも、最後に仕上げをよりよく仕上げるために設備されているもの。
最初にこれらがありきではないのです。
Img_1241Img_1242

人数が多かった
ので、二班に分かれての見学でしたが、本部長直々の案内チームは、いろんな話が聞けて得したね。

フィルムの構造を
理解できない学生がいると感じると、大きなプレゼンパネルを探し出してきて、即興ミニ授業を行うなど、一生懸命説明してくださいました。

東洋現像所時代から
Img_1232_2映像に携わっているお二人の案内から、映画制作に情熱を燃やす技術者の姿を見ることができたように思います。
アニメーションは、
けっして、アニメーターだけで作っているものではありません。
監督は、映画を作るということはなんたるかということを知っていなければなりません。Img_1233

ここまで
教室の中だけでアニメーションは作れる
というイメージしかもっていなかった生徒たちが、映画制作の奥の魅力に気づくことができたのではないでしょうか?

Img_1231Img_1234 Img_1235 Img_1236

やっと
姿かたちが見えてきたと思ったら、あっという間に新しい仕様にバージョンアップしたり、システムを変えてしまうビデオ新しいメディア
110年以上の確かな歴史と情報やデータを持つフィルム

Img_1237これから
制作していく、映画制作の意味を知ってもらえたでしょうか。

卒業生のみなさんへ
みなさんが使用した、プリントのタイミングの打ち合わせの試写室。
第一音響室という別の部屋に変わってしまいました。
とっても寂しい話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

透視図法番外編

透視図法をテーマに
学習を続けております。

0img_1201前回、二点透視図法を使って、実際に校舎2階の学生ホールをスケッチしましたが、
作品を約60%縮小コピーして返却し、あらたにB4サイズの画面に貼付けて、周囲の続きをスケッチして描き足す
というのをやりました。

ん?

どういうことかというと
丁度、超広角レンズで見たようなイメージで、スケッチしてみようという試みです。

0img_1200超広角レンズ?
人間の視野って、思っているほど広くはありません。
片目で正面を見たときの視野は通常、上が60度,下が70度,外側が100度の範囲を見ることができます。(白色視野によるデータです。)
両目での結合視野となると、さらに狭くなります。
カメラのレンズの焦点距離でいうと24mm相当になります。(もちろん35mm換算の数値です)
カメラのレンズに詳しい人は
なんや、けっこう広角やん
と思うでしょうが、球形になっている人間の網膜と違って、フィルムやCCDと違って平面なので、画像に歪みが生まれますし、遠近感も変わってきます。
だから、歪みの少ない焦点距離50mmあたりのレンズが、見た目の自然に一番近と言われます。
皆さんが撮影に使っているデジカメのレンズは、広角側でも焦点距離35mmのものが一般的です。
でも、
広い風景を撮影したいだとか、
狭い室内で全員を画面に収めたい、
だとかという時には、レンズの画角の狭さに不満を感じる人も多いでしょう。
そんな時には、
人間の見た目の自然さから離れてしまいますが、28mmだとか24mmの交換レンズを使用するか、別売りのコンバージョンレンズを手に入れる方法をとるしかありません。
超広角レンズとは
それよりもさらに画角が広い、焦点距離20mmや焦点距離15mm(フィッシュアイ)のものをいいます。
魚の眼で見たような、いっぺんに、前も横も後も見えるような世界です。
我々が正面を見た時に、自分の足もとも同時に見えてしまうという感覚です。
どう?0img_1198
0img_1199

授業の話に戻ります
絵画においての遠近法は、画面の中での配置による遠近法もあれば空気遠近法もあります。
透視図法は線遠近法になりますが、消失点(V.P)に集束していく線は、直線による表現に限られます。
直線であることで、矛盾が生まれます。
地球眼球も丸いところで、直線で表現するには限界があるのです。
確かに
透視図法は便利で、知っていて得なことがいろいろありますが、透視図法が全てではないのです
それを理解して、透視図法を学習しなければなりません。

今回のスケッチは、そのためのものでもあるのです。

0 0_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

東京のアニメ会社内定第一号

京都アニメーションにつづいて
0東京の制作会社・J.Cスタッフから、内定の通知が届きました。
アニメーション業界への就職、順調です。現在も日々、ぞくぞく求人票が届いている状況。まだまだ楽しみです。

作画(アニメーター)
として、来春から頑張る!
喜びのメッセージです。
おめでとうございます。

J.C.STAFF作品紹介
「スカイガールズ」「ぽてまよ」放映中
その他作品に「のだめカンタービレ」「ハチミツとクローバー」「ゼロの使い魔」
劇場アニメに「灼眼のシャナ」

など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

透視図法について(2)

アニメーション学科以外の授業
という日記で、9月25日に更新した記事の続きです。

イラストレーション学科とコンピュータグラフィックス学科の2年生選択実習授業で、透視図法の学習をしていますという報告をいたしましたが、前回の授業の続きで、二点透視図法を使ったスケッチを学生ホールで行いました。

0_2Img_1150Img_1159 Img_1157

次週は
今回描いたスケッチを、さらに一回りもふた回りも広げた視野で描いてもらう予定。
うんとパノラミックに。

普段見ない
世界の表現。超広角レンズで見る世界。

透視図法の
常識の、直線を使っての「線遠近法」とは違った認識で 絵を描かなければならない。

さて、描けますかな?

アニメーション学科の
2年生も、追いかけるように、同じように学生ホールをスケッチしていました。
Img_1151 Img_1152 Img_1153 Img_1155 Img_1156

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

アニメーション学科から就職内定者

昨日は1年生
0本日は2年生の新学期オリエンテーションです。
2年生は卒業就職に向けて最終学期のスタートです。

就職についていうと
この休暇中に、我がクラスからも早々に就職内定者が出ています。
この時期に3名も。
しかも、全員業界内定者

0_2京都●●メーションの
背景スタッフと、作画スタッフに。
http://www.kyotoanimation.co.jp/company/index.html
これで、20年連続の就職実績の更新です。

大阪の
ゲーム業界の制作会社に、デザイナーとして1名。
株式会社「ア●リ」 
http://www.atari.ne.jp/corporate/business.html
液晶画面のアニメーション映像の企画開発を行っている会社です。
こちらは昨年に続いて2年連続の就職実績。

嬉しい話です。

今年は
0_37月に、東京への卒業生訪問と、企業訪問を実施。合宿しました。
歴代の卒業生たちとも会い、東京方面の新しい資料も入手。
2年生たちの中には、上京を意識して、早速、書類を送ったり試験を受けたりし始めている者もいます。
10月に採用の合否判定が出る会社がほとんどなので、
追って、内定の報告が出来ると思います。
お楽しみに。
03
9月の体験入学
講座番号No.18
「アニメ学科の就職について聞いてみよう」
http://www.odc.ac.jp/taiken/0709/ani/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

前期最終週(1)

背景美術
合評会ならず。
01_18提出作品は、順に前に貼り出した。
プロセス評価で成績はつけることはできるが、単位を取得することが目的にならないように。
授業が終了したことで、全部が終わったわけでない。
課題を完成させてからがスタートです。
就職・会社説明会で企業の方が言ってるじゃないですか。
学校の課題は持って来ないように。
それは、成績をつけてもらうための共通の演習だから。
でも、
ここから先の制作は、みんな自身のやる気が大切であり、自身のための完成です。
目標を、自分のためににシフトチェンジして、完成させましょう。
今回完成させて間にあわせた人も、
自身のために、さらに手を加えたり、もう一回チャレンジしてみてほしい。
ならば、それは、
授業の課題をとびこえた作品になります!

期日に間にあうように完成させた皆さん
お疲れさまでした。
デザイナーの心得その一は、何よりも間にあわせること。

こんな細かな描写をこなした作品が提出されました
02_12ゲーム専攻している学生の作品です。
普通、こんな書き込みはあえてしません。こんな忙しい時期に、できるはずがない! でも、この方はやってしまいました。人のやらないことって、すごい魅力になります。
よく、頑張りました。

着彩にチャレンジしている作品です
0_500_51丁寧に描いてます。でも、業界で続けて行くためにはスピードも必要です。
しっかり書込むばかりでなく、抜くところも必要です。
でも、最初から手抜きを学ぶのは良くないですね。
枚数をこなせば、否応無しに抜くことができるようになるでしょう。
でも、最初は、しっかり描く意識で制作してほしい。
無理に間にあわせず、思ったとおりの仕上げで完成させるようアドバイスしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)